WEBサイト運営に必要なあれこれ。

アイコンイメージ

すべてが1つの管理パネルで。更新も、SEOも、メアド管理だって。

WMSはある意味BMS(バックヤード管理システム)です。WEBサイトの裏側を1つにまとめてすっきりさせます。

「WEBサイトを管理する」皆さんはどのような事を思い浮かべるでしょうか?WEBサイトのメールフォームからのお問い合せに対応する。新しいイベント情報を告知するためにWEBサイトを更新する。社内にスタッフが増えたので、メールアドレスを発行する。もしかしたらお問い合せの数(コンバージョン率)が思うように増えていかない原因を探すため、アクセス解析に目を光らせる。等々の作業が考えられます。しかしこれらを行うためには、様々な人や業者、様々なアプリケーションを駆使して管理する必要がありました。
WMSはこれらの問題を解決します。WEBサイトが保存されているサーバ(レンタルサーバ・ホスティングサービス)にWMSがインストールされていれば、1つの管理パネルを操作するだけで、WEBサイトの管理・運営に必要な機能にアクセスすることが可能です。

スクリーンショットを見る
WMS検証ツールはWEBサイトのレントゲン、見えない部分のクオリティが大切です。
WEBサイトを制作業者が制作したら、書式チェックをするのが現代の常識。まとめてやります。sitemap.xmlも自動でつくります。
WMS検証ツールicon

WEBサイト検証ツール(WMS counseler)は登録されているWEBサイトのサイトマップを表示します。
【機能概要】
・タイトルタグの表示
・URLの表示
・h1タグの表示
・概要文の表示(discription)
・キーワードの表示(keywords)
・W3C書式チェック
・sitemap.xmlの自動生成

スクリーンショットを見る

複数のWEBサイトを複数の担当者で管理する「これも出来ます」 WMS

WMSはWEBサイト制作業務やWEBサイト運営代行業務の際にもチカラを発揮します。マルチアカウントに権限設定をプラスした高級志向です。

これら全ての機能は1つのWEBサイトを操作するためだけのものではありません。WMSにはマスターアカウントという契約形態があり、マスターアカウントになることで1つの管理パネルで複数のWEBサイトを一括コントロールできるのです。さらに担当者別にWEBサイトを管理することを想定しているので、複数の担当者アカウントを自由に作成し各WEBサイトに割り当てることが可能です。担当者には個別に操作権限を与えることができ、ログインID/パスワードも都度発行するのでセキュリティ的にも安心です。使い方次第ではWMSを基点としたWEBビジネスを展開することにも繋がるでしょう。更新パッケージを設置するために外部の制作会社に対してデベロッパ専用の担当者アカウントを割り振ったり、更新作業を行うスタッフ専用に担当者アカウントを作成したりと。

構造とアクセスレベルについて