【導入方法】01 更新パッケージの作成

更新パッケージの作成

更新パッケージを作成することができるのは、「更新パッケージAPIの設置・設定」権限を持ったマスターアカウント(担当者アカウント)となります。通常アカウントにてWMSをご利用中のお客様は、マスターアカウントへ更新パッケージの設置依頼を申請してください。

1. WMS管理パネルへログインします。

2. 画面左上の「Start WMS」→「通常アカウント管理」→「通常アカウント一覧」をクリックします。

3. 該当する通常アカウントにログインします。

4. 通常アカウント画面にて、画面左上の「Start WMS」→「プログラム」→「更新パッケージ」→「新規作成」をクリックします。

5. 必要情報を入力、または選択後に「設定を保存する」をクリックします。

6. ナビゲーター画面のプログラムメニューにて、「5」で設定した名称で更新パッケージが登録されていることを確認します。

以上で、更新パッケージの作成は完了となります。 更新パッケージに必要なファイルが自動的に生成されます。 管理パネルから記事を投稿することで、直ちに運用を開始できます。 デザインのカスタマイズについては、テンプレートのカスタマイズページをご覧ください。

途中でエラーが発生した場合は、トラブルシューティング内のFAQをご参照ください。